江戸城「大奥」は、本当にハーレムだったのか

江戸城「大奥」は、本当にハーレムだったのか

江戸城「大奥」の理想と現実

江戸城「大奥」は、本当にハーレムだったのか

将軍以外の男子禁制の場、大奥の理想と現実とは?(写真:KIMURA SOUGO / PIXTA)

大奥」と聞いて「快楽の園」をイメージする人は多いだろう。

実際、大奥は将軍以外に男子禁制の場であり、そこには数百人の女性が将軍とその家族のために奉公していた。

こうした環境のなか、はたして将軍はその権威をかさにどこまで快楽に満ちた生活を享受できたのだろうか。

日本史を学び直すための最良の書」として、作家の佐藤優氏の座右の書である「伝説の学習参考書」が、全面改訂を経て『いっきに学び直す日本史 古代・中世・近世 教養編』『いっきに学び直す日本史 近代・現代 実用編』として生まれ変わり、現在、累計20万部のベストセラーになっている。

本記事では、同書の監修を担当し、東邦大学付属東邦中高等学校で長年教鞭をとってきた歴史家の山岸良二氏が、「将軍と大奥」を解説する。

■美女100人と船遊びに興じる将軍様

江戸幕府第6代将軍・徳川家宣(いえのぶ)が生涯を通じて愛好した趣味は、「船遊び」でした。

幕府が所有する軍船で東京湾を周遊したり、時には江戸城吹上御殿の庭園にある池に小舟を浮かべて宴遊会を催したりするなど、多くの船に関する記録が残されています。

そして、彼の船遊びに欠かせない存在だったのが、将軍の正妻である「御台所(みだいどころ)」をはじめとする、その数百人以上といわれる美しい女性たちでした。彼女たちは、江戸城「大奥」に所属する将軍寵愛の者たちです。

「大奥」には、さらに大勢の女性が奉公しており、その数は「幕末の最大時には1000人を超える規模だった」ともいわれています。大抵の場合、将軍の側室は、この女性たちの中から選ばれました。

将軍以外の男性が足を踏み入れることが許されなかった「大奥(おおおく)」では、夜ごとどのような「酒池肉林の世界」が繰り広げられていたのでしょうか。

今回は、江戸城「大奥」をテーマに、将軍の「大奥」生活における理想と現実について解説します。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)