年金を普通よりも40%以上多くもらう方法

年金を普通よりも40%以上多くもらう方法

年金を普通より40%以上も多く受け取る方法があるのを知っていますか?(写真:freeangle/PIXTA)

公的年金については相変わらず悲観的な見方や記事が多いようです。たとえばネット上でも「年金激減!いま50代以下の人は逃げ切れない」「年金財政は破綻する!」などといった話があふれています。

しかし、私はそれほど悲観的に考えていません。もちろん「公的年金さえあれば老後は万全」というわけではありませんが、少なくともすぐに破綻するとか、もらえなくなるということはないと考えています。実は「年金破綻論」というのは私が30歳ぐらいだった40年近く前から言われ続けていますが、いまだに破綻はしていません。それはある意味当然です。なぜなら現役世代が払う保険料がそのまま、年金として支払われているからです。

■年金は60〜70歳までで、いつからでも受け取り可能

もちろん、労働人口が減れば年金の受け取り額が少なくなることは避けられませんが、制度そのものが破綻することはまずありえないと考えていいでしょう。それに公的年金というのは、受け取るに当たって意外と融通の利く制度になっています。ところがその便利さをあまり知らない人が多いように思えます。

公的年金は一部の人を除くと、今後支給開始されるのは65歳からです。ただ、65歳からでないと絶対もらえないのかというと、そんなことはありません。60歳まで繰り上げて受け取ることができます。逆に繰り下げることもでき、こちらも最大5年間繰り下げて70歳まで延ばすことができます。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)