「上は現場をわかってない」と嘆くあなたへ

「上は現場をわかってない」と嘆くあなたへ

現場が低い視点でしか物事を見ていない可能性もあります(写真:tkc-taka / PIXTA)

業務の効率性や収益性を高めようと、ビジネスのアイデアや企画を提案しても、上司にバッサリ切って捨てられるのは会社員ならよくあることです。

なぜ、あなたの提案は上司に受け入れられないのでしょうか? その原因を解明するキーワードは「コグニティブ・バイアス(認識の偏り)」にあると、『自分が信じていることを疑う勇気』の著者である長谷川雅彬さんは解説します。


企業でよくあるのが「上司は自分のことをわかっていない」「上層部は現場を何も知らない」と、現場社員と管理職の人間が対立することです。こうした摩擦が起きるのは人間関係などの理由もありますが、現場の社員が低い視点でしかものを見ていないため、現場レベルでのメリットしか考えられていない点も見逃せません。

■「コグニティブ・バイアス」とは

エイモス・トベルスキーとダニエル・カーネマンらの研究から、こうした狭い視点から物事を誤って認識してしまう傾向は「コグニティブ・バイアス(認識の偏り)」といわれます。自分の提案が上司に受け入れられない場合、その人はコグニティブ・バイアスがある可能性があるのです。

人間がどれほど強くコグニティブ・バイアスを持っているのかを明らかにしたおもしろい実験があります。

それはアイオワ大学のアントワン・ベチャラ教授によって行われました。被験者には、4つの山札と2000ドルが最初に与えられます。カードをめくると、被験者に有利だったり、不利だったりする指示(「100ドル獲得」「100ドル支払い」など)が書かれていて、被験者は自分の利益が最大になるように、カードを引く山札を選んでいくよう指示されます。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)