プロ野球交流戦は球団経営の「お荷物」なのか

プロ野球交流戦は球団経営の「お荷物」なのか

6月18日に行われたセ・パ交流戦でソフトバンクは広島に快勝。史上初の3年連続で交流戦の最高勝率チームとなり、ナインが大喜びした(写真:共同通信社)

5月30日から6月19日までの日程で開催され、ファンが熱い声援を送ったプロ野球のセ・パ交流戦。パ・リーグ球団の56勝に対してセ・リーグ球団は51勝、引き分け1で終わり、今年もパ・リーグが勝利した。ただ、それでも昨年の60勝対47勝、引き分け1よりは、ずいぶんセ・リーグが巻き返した。パ・リーグで昨年の覇者である日本ハムと、昨年3位のロッテが予想外に低迷したことが大きかった。

昨年の交流戦ではセとパの実力の違いが素人目にも明らかなほどだったが、今年は様相が違っていた。巨人とヤクルトがせっせと負けを積み上げたのであって、広島は最後まで王者ソフトバンクと首位を争うなど、セの他4チームは健闘した。

■今年もどこからか出てきた「交流戦廃止論」

巨人が歴史的連敗記録(最終的に6月8日の西武戦で敗れ、球団ワーストの13連敗を喫した)に向かってまっしぐらだった交流戦中盤、案の定出てきたのが「交流戦不要論」「交流戦廃止論」だった。セ・リーグ球団担当のスポーツ記者あたりから主に発信されたもようだったが、広島、阪神の快進撃の前に、いつの間にか埋もれていった。

毎年、交流戦が始まるたびに顔を出す、この「交流戦不要論」。その論拠として、もともと交流戦は人気がないパの救済のためにセが"お付き合い"で始めたにすぎないものだ、という説をいまだに耳にする。今となっては、パ・リーグの球団改革が一定の成果を上げ、セ・リーグがわざわざ救済する必要はなくなったのだから、「『役割を終えた交流戦は廃止すべき』という声が出ている」というのだ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)