「ルールづくり先行」の働き方改革にモノ申す

「ルールづくり先行」の働き方改革にモノ申す

なぜルールをつくらない、性善説マネジメントが成立するのか?

「人事がマネジメントしようと考える時点で違いますよね」

画一的ルールづくりが先行する働き方改革に対する疑問を投げたところ、面白法人カヤックとほぼ日から返ってきたのは「ルールをつくらない」など、一見すると、人事の仕事放棄とも思える姿勢だった。はたして、そのような無法地帯で、どのように組織は成立しているのか。拡大する組織の中で、なぜルールをつくらない、性善説マネジメントが成立するのか。

前編:現場にいない人事部が社員の才能を飼い殺す(2017年7月6日配信)■どうやって一体感をつくっているのか?

横石 崇(以下、横石):お2人の話を聞いていると、「一体感をつくる」というのがひとつのキーワードだと思いました。ほぼ日もカヤックも、個の才能を持ち合わせた人たちが集まって、ある種、動物園みたいなところもあるかと思うんですが、どうやって一体感をつくっているのでしょうか?

篠田 真貴子(以下、篠田):そこは毎回試行錯誤なんですけど、ほぼ日で大きいのは毎週1回全員が集まって糸井の話を聞く「水曜ミーティング」です。糸井がその1週間で考えてきたことを毎週しゃべるんです。

横石:毎週というのは話すほうも聞くほうも大変そうです。水曜ミーティングはずっと続けられてるんですか?

篠田:ずっと継続しています。録音もしていて文字起こしをしたものを、全員に共有しています。来られない人向けに中継もしています。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)