親世代は知らないオープンキャンパスの秘密

親世代は知らないオープンキャンパスの秘密

大学にとっても高校生にとっても、オープンキャンパスはビッグイベントだ。写真は人気の高い明治大学の和泉キャンパス(撮影:大澤誠)

いよいよ夏休みが近くなってきました。大学にとっては「オープンキャンパス」のシーズン到来とも言えます。親世代にとっては、あまり馴染みのないオープンキャンパスですが、どんなものなのか。最近のオープンキャンパス事情について2回にわたって解説します。

オープンキャンパスの名称が使われたのは、1988年の立命館大学が最初と言われています。進学相談会については、立教大学が1978年に「進学相談会on Campus」という名称で実施するなど、1980年代に実施校が増えていました。

その後オープンキャンパスという名称が1990年代に定着。受験生獲得競争が激しくなった、1990年代後半から2000年代にかけて、高校生は必ず参加するイベントと化して現在に至っています。

特に2000年から始まった「総合的な学習の時間」で、進学意識を高めるため、オープンキャンパスの複数参加とレポート提出を生徒に義務付ける高校が相次ぎました。好んで志望校候補の大学に行く高校生もいれば、授業でレポート提出が必須だから嫌々行く高校生もいるようです。

■東大や阪大、筑波大では事前申し込みが要る

一方で受け入れる大学は大変です。特に人気大学は見学者が増えすぎてしまい、パンク寸前となる大学もあるほど。そこで一部の国立大学では、事前申込制をとる大学が増えています。

たとえば京都大学だと開催は8月9・10日。ところが6月15日から申し込みを開始、すでにめぼしいプログラムは定員締め切り済みです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)