豊田真由子様は、いつまで入院しているのか

豊田真由子様は、いつまで入院しているのか

豊田真由子議員は、いつ退院するのだろうか(写真:時事)

人生相談室で人気のミセス・パンプキンが昨日に続いて番外編コラムをお届けします。今回は、入院を続けている豊田真由子衆議院議員への手紙です。

豊田真由子様、あなたはまだ病院で臥せっているのでしょうか。どのような病気なのか、私たち国民からはうかがい知るよしもありません。しかし、交通事故にあったわけでも暴行を受けたわけでもありません。精神的に参っているかもしれませんが、ベッドから起きられないほどの病状なのでしょうか。もし、起き上がることができるのであれば、そろそろお出ましになった方がいいのではないでしょうか。

あなたの行為は、余りにも恥ずかしいものです。そのため、今の雲隠れに対し、有権者は一定の理解を示している格好になっているのは皮肉なことです。しかしあなたはずっと病院にいるわけにはいかず、然るべき時に、どれだけ誠実な姿を見せるかで、少しは名誉の挽回が、できるのではないでしょうか。

■イメージと暴言とのすさまじいギャップ

エリート街道だけを歩き、たくさん勉強をしてきたあなたが、私の周囲の相当ガラが悪い人でも使いこなせない、「このハゲーーー!」「この野郎!」「死ね!」「ボケ!」などという暴言を、どんどん連発していることには、驚かされました。しかも叱責する理由が、そこまで激怒するほどのものでないことに、二重の驚きです。

「エリート」「ピンクの上等そうなスーツをいつも着こなし、上品で優雅」「政治家に多い、人を見下した雰囲気がない」「笑顔を出し惜しみせず、しかも似合っている」などのイメージと暴言とのギャップが、問題を更に大きくしましたね。

議員としても一社会人としても、前代未聞の恥かしい言動が連日テレビで暴露され、なかなか表に出てくるタイミングにないのは、察して余りあるところです。しかしあなたが一歩前に進むには、謝罪会見をするしかありません。「たまたま他の問題で悩んでいた時だったから、カッとなった」等の言い訳は通用しないことも助言させてください。何分過去4年間で、秘書が100人も入れ替わっているそうですから。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)