トヨタ「カムリ」、斜陽セダンを立て直せるか

トヨタ「カムリ」、斜陽セダンを立て直せるか

新設計・開発手法「TNGA」によって低重心で走りやすくなったという新型「カムリ」。トヨタのセダンの運命を背負う(撮影:尾形文繁)

「カムリでもう一度セダンを輝かせ、復権を目指す」

トヨタ自動車は7月10日、上級セダン「カムリ」を日本国内で発売した。約6年ぶりのフルモデルチェンジとなる。8代目となるカムリはエンジンやプラットフォーム、デザインなどすべてを一新した。価格は329万4000円〜419万5800円だ。

■幹部は「セダンの復権」を連呼

世界的なSUV(多目的スポーツ車)ブームに押され、セダン系にはもはや勢いがない。だが中型車の開発を担うミッドサイズビークルカンパニーでプレジデントを務める吉田守孝専務役員は、記者会見で「セダンの復権」を連呼。需要喚起に前のめりな姿勢を見せた。国内販売目標は月間2400台。先代の発表時の目標が月間500台であったことを考えると、強気だ。

カムリは1980年に国内専用の「セリカ カムリ」(FR車=前エンジン・後輪駆動)として誕生した。1982年に現在と同じFF車(前エンジン・前輪駆動)の構造に変わり、車名もカムリとなった。現在はトヨタのFFセダンで最上級にあたり、これまで世界100カ国以上で累計1800万台以上を販売。主戦場の米国では、2016年まで15年連続で乗用車部門の販売台数トップを獲得。トヨタの米国新車販売の約15%を占める稼ぎ頭だ。

トヨタは今回の新型カムリで初めて、新しい設計・開発手法「TNGA」(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)を全面採用した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)