デザイン思考の先を行く「意味の革新」の本質

デザイン思考の先を行く「意味の革新」の本質

大勢でああだこうだと話していてもラチがあかないことも(写真:xiangtao / PIXTA)

「そこそこ技術はあるけど、モノが売れない」というのは、いま日本の多くの企業が経験していることではないでしょうか。その解決策の1つとして、ヨーロッパでいま注目されているのが、「意味のイノベーション」という考え方です。

製品の特徴ではなく「意味」を考える。それによって、改良ではなく「革新的な変化」を起こす。すでにあるニーズを満足させるのではなく「ビジョン」を提案する。こうしたことが「意味のイノベーション」の特徴です。7月5日に配信した「ロウソクが実は成長産業であるという意味」でも、イタリアの調理器具・雑貨メーカーであるアレッシィや、スイスの時計メーカーのスウォッチなどの例を挙げて解説しました。

絵の世界でも、かつて時代を変えるような「意味のイノベーション」がありました。皆さんもご存じの「印象派」は、まさしく19世紀の絵画の世界における大イノベーションでした。それまで絵画といえば、「屋内で、神話的なテーマを取り上げて、ルールにのっとって描く」のが普通でした。それに対して印象派は、「戸外で、自分が感じたままに、木々を青く色づけ、地面を紫に塗った」のでした。

印象派の代表格であるルノワールは、最初にパリ近郊のフォンテーヌブローという土地でそうした新しい画法を試み、それを信頼するイギリス人画家のアルフレッド・シスレーに見せました。ルノワールの絵画を見て、シスレーは「君は何とクレージーなんだ!」と批判しながらも、徐々にルノワールの考える方向に同調していったといいます。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)