1週間「プチ留学」で英語力は実際伸びるのか

1週間「プチ留学」で英語力は実際伸びるのか

有給などを使っても行くことが可能な、1週間程度の「プチ留学」。手軽な一方で、気休めにしかならないのではという不安もあります。実際のところ、英語力は上達するのでしょうか(写真:ucchie79 / PIXTA)

日本の多くの社会人にとって、英語はいつまで経っても悩みのタネです。それでも、海外出張や転勤があったら、地域によらず現地でのコミュニケーションは英語になる可能性が高くあります。そして、近頃は日本にいても英語でのプレゼンテーションや電話対応、スカイプを使っての打ち合わせなどをする機会が増えているはずです。

学生時代に英語は習った。TOEICのスコアもそこそこはある。それでも、こうしたビジネスシーンでの実践的な英語力に不安を覚える方は多いのではないでしょうか。

筆者が複数の留学エージェントにヒアリングしたところ、こうした背景を受けてか、最近は1週間未満で参加できる「プチ留学」に参加する社会人が増えています。1週間未満であれば、海外旅行感覚で年次有給休暇などを使って行くことが可能なので、手軽なことは間違いなし。それでは、超短期の滞在で本当に英語力を伸ばすことは可能なのでしょうか。そして、超短期滞在だからこそ気をつける点とは。経験者に聞いてみました。

■「世界一住みやすい」バンクーバーへの1週間留学

30代・男性 Yさんの場合(メーカー営業職)

治安がよくて教育水準も高いということで、カナダを留学先に選ぶ人は増えています。特にバンクーバーは「世界でいちばん住みやすい街」に選出されるぐらい環境の整ったお勧めの留学先。現地で話される英語の発音がキレイだと聞いていたこともあって、名古屋の中堅メーカーに勤める営業担当のYさんは年末の連休を使ってバンクーバーに1週間留学することにしました。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)