日本の「非効率な医療現場」は外国人が変える

日本の「非効率な医療現場」は外国人が変える

エンタッチを起業したマーティ・ロバーツCEO(写真:筆者提供)

日本人の多くは海外で働くことを考えたことはないかもしれない。ましてや起業なんて……。が、アメリカ出身の臨床心理学者、マーティ・ロバーツ博士は2016年、日本で医療技術系の企業を立ち上げた。それだけではない。彼は自らの会社を通じて、日本の医療業界を変えたいと本気で考えているのだ。

39歳のロバーツ博士が、ニューヨークのブルックリンから東京にやってきたのは2008年。フランスに拠点を持つ国際的な医療研究企業であるセジデムに勤めていた際、同社のCEOの送迎をしていたことがきっかけとなった。当時、ロバーツ博士は、勤め先のあるニュージャージー州まで車で通勤しており、その途中、マンハッタンに住むCEOの送り迎えをしていた。

■「日本か? 日本に人を送る必要があるんだ」

ある日、CEOが「ロバーツ、何かやりたいことあるのか?」と問いかけてきた際、ロバーツ博士は、「ニューヨーク以外の場所に行きたい」と即答した。どこに住みたいか尋ねられ、「インドかフランス、ドイツ、日本……」と答えている途中で、「日本か? 日本に人を送る必要があるんだ」とCEOは大喜び。ロバーツ博士の日本行きが決まった。

ロバーツ博士はそれから10年間、セジデム日本法人の社長として、約200人の従業員の管理してきた。この間、ロバーツ博士は、医師のデータベースやスマートフォンのデータ収集ソフト、顧客管理ソフトなど新製品を開発。2015年にセジデムが買収されると、以前から構想を練っていた次世代製品の開発に自ら取り組もうと考えた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)