歯科医にかかる人が知っておきたい最新事情

歯科医にかかる人が知っておきたい最新事情

より精緻な治療に必要な技術の導入が進んでいます(写真:kotoru / PIXTA)

歯の痛みをはじめとする口腔内の異常を感じて、歯科医にかかるとき、レントゲン撮影によって状況を調べるケースは少なくないでしょう。一方、最近ではCT(コンピュータ断層撮影)を導入している歯科医院も出はじめています。筆者は歯科医師としての知見や経験を基に、歯や口周りの情報を「ムシバラボ」というサイトで発信していますが、その中で紹介していることのひとつです。

CTとは、「X線を利用して、物体を透過したX線の量をデータとして集めて、コンピュータで処理することによって、物体の断面画像を得る検査」です(日本放射線技術学会HPより)。歯科医院では、CTとレントゲンはどのように使い分けているのでしょうか。CTでどのようなことがわかるのでしょうか。

■CTとレントゲンの違い

いずれも目に見えない内部組織を撮影するということは同じですが、目的や得意な分野、被曝量、費用など、さまざまな違いがあります。

レントゲンは平面的に写りますので、縦方向の疾病や症状は見ることができますが、水平方向の疾病や症状はどの程度なのかを把握することができません。水平方向の状態はすべて重なって撮影されますので、色の濃淡で前方にあるのか後方にあるのかを判断します。

一方、CTは立体的に撮影しますので、病巣の位置や骨の内部、歯と顎(あご)の関係などすべてが手に取るようにわかります。レントゲンを読み解くにはかなりの臨床経験を積む必要がありますが、CTは患者さんの目から見てもわかりやすい画像で表示されます。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)