米長期金利上昇は続かず、ドル安円高へ進む

米長期金利上昇は続かず、ドル安円高へ進む

イエレン議長は7月12〜13日に上下両院で議会証言を行い、利上げにおいてはインフレ率を注視する姿勢を示した(写真:ロイター/アフロ)

6月下旬から欧米の中央銀行関係者のタカ派的な発言が相次ぎ、債券は売られて欧米の長期金利が上昇し、ドル円はドル高円安に動いた。ただ、足元では横ばい状態になっている。FRB(米国連邦準備制度理事会)は年内にバランスシートの縮小に着手するとしているほか、市場は年内にあと1回弱の利上げを織り込んでいる。年末へ向けて、ドル円相場はどう動くのか。JPモルガン・チェース銀行の市場調査本部長・佐々木融氏に見通しを聞いた。

――足元では、米国の長期金利が上昇してきたものの、3月の2.62%まではなかなか上がりません。ドイツ国債も急ピッチで利回りが上昇してきましたが、一服しているようです。

今、ドイツ国債10年物の利回りが、為替ヘッジのコストを勘案して日本国債30年物と同じになっている。ドイツ国債の利回りがもっと上がると、日本の機関投資家が買ってくる可能性もあるので、金利は抑えられる。欧米の債券投資における日本の機関投資家の存在感は大きい。長期金利はここから先、さほど上がらないと見ている。

■FRBの利上げで長期金利が上がるわけではない

――FRBのバランスシート縮小と今後の利上げによる為替への影響をどう見ていますか。

バランスシート縮小はあまり相場に影響しないと思っている。まず、基本的に、FRBの政策は先にマーケットに織り込まれてしまう。量的緩和政策(大規模な証券購入による資金供給)を開始するときも、これから政策をやりますよというところから金利は下がっていき、本当に量的緩和政策に着手して債券を買い始めると、金利は上昇に転じる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)