夫婦のやり取りは異国企業との取引と同じだ

夫婦のやり取りは異国企業との取引と同じだ

「地雷はこの辺」って予感はだいたい共通してる(写真:菊岡俊子)

『読書で離婚を考えた。』という衝撃的なタイトルの書籍を発売し、読書を通じた夫婦の相互理解の難しさを実感した、芥川賞作家の夫・円城塔さんと、ホラー作家の妻・田辺青蛙さんご夫婦。この本を通じて得た気づきから、夫婦が離婚しないための方法について考えます。

前編:人気作家夫婦が交互連載で離婚を考えたワケ■家では互いの仕事の話をしないほうがいい

円城塔(以下、円城):僕はこの人(田辺さん)が小説家以外で何の仕事をしているか、知らないまま結婚したんですよ。産業翻訳? 通訳? らしいんだけど。実はいまだにいくら説明されてもよくわからない。

――共働き夫婦、特におふたりのように同業の場合、お互いの仕事についてどこまで知っておくべきなんでしょうか。われわれのいる出版業界では同業者の結婚が多い反面、離婚も少なくないのですが(笑)。

円城:同業でも、仕事と夫婦関係とは切り分けたほうがいい。SNSもつなげないほうがいいですね。

田辺 青蛙(以下、田辺):そうですね。

円城:うちの場合、お互い相手の文章は読まないですし、もし読むにしてもこっそり読む。もちろん感想は言わない。夫婦でジャンルがずれていたのは幸いでした。もし同じジャンルだったら、ちょっと危なかったかも。

田辺:友達や知り合いが私の書いたものをボロッカスに言ってたら、ちょっと複雑な気持ちになりますからね。あくまで読者としての意見だとわかっていても、つらい。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)