仕事ができない人に共通するヤバい口癖7つ

仕事ができない人に共通するヤバい口癖7つ

やる気が起きずに先延ばししてしまう…そんな人に共通する口癖とは?(写真 : aijiro / PIXTA)

「目標実現」の専門家として、オリンピック選手をはじめ、世界で活躍するトップモデルや次世代を担う経営者、ビジネスパーソン、ベストセラー作家など、7800人以上の夢の実現や目標を達成するのをサポートしてきた、メンタルコーチの大平信孝氏。『先延ばしは1冊のノートでなくなる』の著者でもある同氏が、目標の実現を阻む「先延ばし癖」がある人に共通する口癖について解説します。

■「先延ばし癖」は侮れない

世の中には、やるべき仕事が「できる人」と「できない人」とが存在します。その「仕事ができない人」の最大の原因の1つが、先延ばし癖です。誰しも、やらなければいけない仕事があるのに、「あと5分だけ」と言って、ネットサーフィンやSNSを延々とやってしまった……という経験があるのではないでしょうか。

面倒なこと、気乗りしないこと、やっかいなことなど、先延ばしすることで今の瞬間だけは気分良くいられます。が、先延ばしにはデメリットがあります。その最たるものが、ストレスが増えるということです。そして、仕事の未完了感を引きずると、フラストレーションが蓄積されていきます。

先延ばしが習慣化してしまうと、負の連鎖が起きます。仕事に取り掛かるのがどんどん遅くなり、小さな行動でさえ、多くの時間を使ってしまうことになります。それは、成長するチャンスをどんどん失っているともいえるのです。

さらに悪いことに「頭ではわかっているけどできない自分」「逃げる自分」を責めてしまい、自己嫌悪に陥ります。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)