「82歳のライフシフター」が抱える希望と恐怖

「82歳のライフシフター」が抱える希望と恐怖

80代、40代、20代の「ライフシフター」が本音を語ってくれました(撮影:今井康一)

『ライフ・シフト〜100年時代の人生戦略』で提唱された100年人生で、ライフスタイルはどう変わるのか。長寿社会は良いことか、悪いことか――いや、「良くするんだ」というマインドが必要なのだろう。

7月6日の夜、日本最大級のクラウドソーシングサービス「Lancers」を運営するランサーズ株式会社(東京都渋谷区)主催のトークイベント「『LIFE SHIFT』100年時代を考える〜あなたの人生も、100年つづく〜」が開かれた。フリーランスとして活躍する20代、40代、80代のトップランナーたちが語る「私の100年年表」には“挑戦”“続ける”という言葉が躍る。

登壇者は、1993年生まれのWebディレクター・山田祐太氏、1969年生まれのCGクリエイター・石水修司氏、1935年生まれの翻訳家・島村泰治氏。コーディネーターは、1981年生まれのランサーズ株式会社代表取締役社長・秋好陽介氏。

ランサーズ・秋好陽介氏(以下、秋好):『ライフ・シフト』には、3人のモデルが登場します。1945年生まれで「教育・仕事・引退」という3ステージの人生を歩むジャック、1971年生まれでこの3ステージがきしむ世代のジミー、そして1998年生まれでいよいよ寿命が100歳に到達し、マルチステージ化するジェーン。今日はこの3人と同じ年代の方々からお話を伺いましょう。

■失敗は「ゲームオーバー」ではない

山田祐太氏(以下、山田):僕は1993年生まれの24歳です。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)