工具の老舗「OSG」が乗り出す宇宙への挑戦

工具の老舗「OSG」が乗り出す宇宙への挑戦

アストロスケールの資本提携発表会見には、出資元のOSG・大沢二朗常務(中央右)、ANAホールディングス・長峯豊之副社長(左)に加え、宇宙飛行士の山崎直子さん(右)も駆けつけた。中央が岡田光信CEO(記者撮影)

「行き先はまだわからない。まずは宇宙船の乗車券を買ってみた」

愛知県の老舗工具メーカー、OSGで技術開発を統括する大沢二朗常務はそうつぶやいた。OSGの”夢”を乗せた宇宙船とは、宇宙ゴミ(デブリ)除去の事業化を目指すベンチャー、アストロスケールのことだ。7月14日、OSGは航空大手ANAホールディングスなどとともに、アストロスケールに28億円を出資したと発表した。

「大きな宇宙デブリは今のうちに除去しなければ、宇宙が持続可能でなくなってしまう」。発表当日の記者会見でアストロスケールの創業者、岡田光信CEOは強く訴えた。デブリの正体は、宇宙での役目を終えたロケットや人工衛星の破片だ。調達資金を元手に、人工衛星の打ち上げに向け加速し、デブリ除去ビジネスの本格展開へとつなげる。

■工具メーカーが”宇宙進出”する真意

一方、出資先として話を振られた大沢常務は開口一番、「切削工具メーカーがなぜここにいるのか、疑問に思われるかもしれない」と話した。宇宙と切削工具――。遠いようで、実は密接な関係にある。

アストロスケールが2018年初旬に打ち上げを予定する衛星「IDEA OSG 1」。これは地上のレーダーでは把握できない微小なデブリを計測するものだ。地球の軌道上には1センチメートル以上のデブリが約75万個あるともいわれる。デブリの実態を正確に把握することで、除去事業の展開に弾みを付ける狙いがある。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)