「藤井四段ブーム」で、将棋界はどうなるのか

「藤井四段ブーム」で、将棋界はどうなるのか

佐藤会長は藤井四段について「勝利を重ねる中で強くなっていった印象」と語った(撮影:田所千代美)

空前の藤井聡太ブーム、久々の将棋ブームが到来している。2016年9月、14歳2カ月でプロ棋士(=プロ四段)となり、62年ぶりに史上最年少記録を更新。2017年にはデビュー以来の連勝記録を「29」に伸ばし、公式戦連勝記録を30年ぶりに更新した。佐々木勇気六段に敗れ記録は途絶えたものの、尾を引くことなくその後は勝利。7月19日に15歳になった藤井四段は、7月21日現在、勝率9割台と驚異的な水準を維持し続けている。

藤井四段直筆の扇子は店頭でもネットでも即完売。子供時代に使った公文式の将棋盤は品切れ状態が続く。対局中によく出前を注文する千駄ヶ谷駅前の蕎麦屋「みろく庵」には「藤井四段と同じメニューを食べたい」とファンが殺到。藤井四段には取材依頼が殺到しているが、対局と学業に専念させるため、日本将棋連盟は断っている。

そこで、藤井四段と対局経験もある佐藤康光九段・日本将棋連盟会長に、今回のブームを機に将棋やファンをどう広げていくのか、今後の展望を聞いた。

■一時代を築く棋士の片鱗が見える

――今の藤井四段をどう見ていますか。

正直、想像以上の活躍をしています。藤井四段と対局したことのある棋士も、彼の成長ぶりに驚いています。昨年9月にプロ棋士になった時点で評価は高かったが、いきなりこのような大記録を作るとは想像もしていませんでした。

中学生でプロ棋士になったのは藤井四段で史上5人目。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)