エンジニアがロゴ入りシャツを自慢するワケ

エンジニアがロゴ入りシャツを自慢するワケ

エンジニアがロゴ入りシャツを自慢するワケ

IT企業はグッズを作るのが好きです。自社のロゴ入りボールペンなどは定番ですが、人気があるのが会社のロゴのステッカー。いろんなステッカーを貼ったノートPCを持った人をカフェなどで見たことある人もいると思います。

それと並んでポピュラーなのがTシャツ。各社主催のイベントなどに行けば大抵売っています。イベントに参加したエンジニアたちがノベルティTシャツを記念に買っていきます。

季節は夏。Web系企業のエンジニアたちは基本私服で仕事をしているので、Tシャツが大活躍します。ぼへちゃんの会社のエンジニアたちがノベルティTシャツで出勤してきました。

だんな君はGoogleのイベント「Google I/O」で買ったTシャツ、同僚のすま君は、今話題の仮想化環境「Docker」のイベントで買ってきたTシャツを着ています。

いずれもアメリカで開かれた、各社の最新技術を披露する大きなイベント。それに参加した2人にとって記念のグッズなのです。

さて、ぼへちゃんの職場の大先輩エンジニアもノベルティTシャツで出勤。マイクロソフトのTシャツですが、今のロゴとちょっと違います。

それもそのはず。このTシャツ、なんと12年前のもの。レドモンドのマイクロソフト本社に出張に行ったときにもらったものだとか。シンプルだけど、エンジニアにとってはちょっとプレミア感がありますね。職場のみんなが尊敬の眼差しを向けています。

1

関連記事(外部サイト)