「タカタ破綻」で買っておけばよかった株は?

「タカタ破綻」で買っておけばよかった株は?

カリスマ投資家が150円で買おうと思っていた銘柄は、 エアバッグ大手のタカタが破綻した後、460円に。その銘柄とは?(写真:Graphs/PIXTA)

NYダウが再び最高値を更新する中、日本株は、個別株はともかく、日経平均は膠着状態。カリスマ投資家の内田衛氏は7月の前半はどんな取引をしていたのだろうか。いつものように株日記で振り返ってみよう。カリスマ投資家は、もう一段NYダウの上値があると見ているようだ。

■150円で注目していた芦森工業が460円!

【7月3日 月曜日】先週末の日経225先物は、90円高の2万0080円。NYダウは、62ドル高の2万1349ドル。1ドル=112.41円、1ユーロ=128.44円。保有銘柄のオエノンホールディングス(2533)が、今日から売買単元が1000株から100株に変更となった。これは、東京証券取引所が来年の10月から全銘柄を100株単元に統一することに伴う変更なのだが、最近見ていると、10株を1株に併合し、売買単元を1000株から100株にする企業が多い中、オエノンは、10株を1株に併合せず、単元を1000株から100株としたので、買いやすくなった。

10株を1株に併合すると、理論株価は10倍となり株価が上がってうれしいと思う人がいるかもしれないが、株数は10分の1となるので、単元の実質の価値は変わらない。オエノンの株主優待基準については、株主様限定オリジナル商品(特製非売品)の変更はない。また、欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)交渉がまとまり、EU産ワインにかける関税を協定発効と同時に撤廃する方針が表明されたが、そうなるとボトルワイン1本当たり約93円安くなるそうで、オエノンにとっては、メリットとなりそうだ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)