蓮舫氏・稲田氏「ダブル辞任」でも違いはある

蓮舫氏・稲田氏「ダブル辞任」でも違いはある

28日、ついに、稲田防衛相が辞任した(写真:ロイター/アフロ)

安倍晋三首相による8月3日の「出直し人事」を目前にした27日、民進党蓮舫代表と稲田朋美防衛相の"ダブル辞任"が永田町を喧騒の渦に巻き込んだ。民進党の蓮舫代表は27日午後の特別会見で辞任を表明。これと同時進行で稲田防衛相の「辞任説」が急浮上し、稲田氏も28日に首相に辞表を提出した。この2日間、メディアは「盆と正月が一緒に来た」(大手紙政治部)ように汗まみれで永田町や霞が関を駆け回った。

蓮舫氏は「東京都議選敗北の責任問題をめぐる党内混乱」、稲田氏は自衛隊南スーダンPKO部隊の日報隠蔽問題での「省内混乱」が辞任の理由だが、「組織の統制ができなかった」点はまったく同じ。蓮舫、稲田両氏とも「女性政治家の星」だったが、ともにリーダーとしての「資質や見識」が問われての退場劇。どちらも"嫉妬の海"とされる永田町の男社会に存在し続ける「ガラスの天井」に頭をぶつけて奈落の底に落ちた格好でもある。

蓮舫代表は27日午後、国会内で開いた特別会見の冒頭に「代表を引く決断をした」と辞任を表明した。25日の続投宣言からわずか2日での代表辞任については、「いったん退いて、より強い民進党を新たな執行部に率いてもらうのが最善の策だ」と語った。白いスーツに青色のインナー、目を大きく見開いての明快な口調もこれまでどおりだったが、「昨日一日、熟考して決めた」という退任の弁には悔しさがにじみ、「首相を目指すことをやめるのか?」との意地悪な問いには「それに堂々と答える強さをまだ持ち合わせていない」と交わすのがやっとだった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)