四国の野球「独立リーグ」、今も見えぬ未来図

四国の野球「独立リーグ」、今も見えぬ未来図

野球の独立リーグ「四国アイランドリーグplus」の高知ファイティングドッグスの試合に出場する元メジャーリーグのトップ選手、MLB通算555本塁打のマニー・ラミレス。リーグの所属チームからは全国区の話題も発信されてはいるが、観客動員の面などで根深い課題もある(筆者撮影)

今まで日本プロ野球(NPB)にも来たことのない、ケタ外れの超大物選手が野球の独立リーグ「四国アイランドリーグplus」の高知ファイティングドッグスでプレーしている。

その名はマニー・ラミレス。日本でプレーすることが新聞などで盛んに報道されたので、米メジャーリーグ(MLB)に明るくなくても、名前だけは耳にしたことがあるという人も多いだろう。MLBで放った本塁打は通算555本。これは歴代でも15位に入る記録だ。首位打者、本塁打王、打点王、ワールドシリーズMVPのタイトルもそれぞれ1度ずつ獲っている。

生涯年俸はイチローの1億6330万ドル(約180億円)をうわまわる2億0682万ドル(約229億円)。2011年を最後にMLBを離れてはいるが、ケタ外れの超大物という表現は大げさなものではないのだ。

■あの「マニー」が、高知のチームにきた!

現在の登録名はマニー。高知に来たきっかけは、チームの外国人選手、ザック・コルビー内野手がマニーのSNSに書き込みをしたことだったという。思いのほか乗り気になったのを球団側が聞きつけ、経営陣がアメリカに乗り込んで交渉、入団にこぎつけた。

5月末、梅雨入り前の高知市野球場では、ビールがバカ売れしていた。スタンドには臨時の桟敷を設置。観客は靴を脱いで桟敷に上がり込み、ビールを勢いよく飲み干していく。

「『99円ビール』が当たりました!」高知ファイティングドッグス社長、梶田宙の声が弾んだ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)