LCCの「ビジネスクラス6万円」は使えるか

LCCの「ビジネスクラス6万円」は使えるか

LCCの「ビジネスクラス」のコスパは、なかなか?(筆者撮影)

FP(ファイナンシャルプランナー)の風呂内亜矢です。私は貯金を80万円しか持たずに、無謀にもマンションを衝動買いした過去を持っており、もともとは「おカネオンチ」でした。

おカネオンチを脱却すべくFPの最上位資格であるCFPを取得し、その後も日々生活の中で実験を繰り返し、「これは使える」と思った「マネー情報」を発信しています。早速、今回は海外旅行で最近体験した、「あえてLCC(格安航空会社)でビジネスクラスレベルのシートに乗る」という選択がお得かどうかについて、お話ししたいと思います。

■成田―バリのビジネス片道3.6万円!就航セールは超お得

少し前の話になりますが、今年の5月、LCCのエアアジアXの成田―バリ直行便が就航し、特別キャンペーンを実施していました。利用すれば、成田空港からインドネシアのバリへ、「片道最安9900円から」で移動できるという内容です。

早速体験してみようと予約画面に進むと、「プレミアムフルフラットシート約3.6万円」という記載を発見。プレミアムフルフラットとは、ほぼ横になって移動できるシート。単純には比較できませんが、通常の航空会社(以降、レガシーキャリア)でいえば、ビジネスクラスに相当する座席のようでした。

「ものは試し」ということで、片道だけプレミアムフルフラットシートを選択し、帰りは静かなエリアの最前列シート(クワイエットゾーンのホットシート指定)になるオプション料金を支払って予約しました。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)