生配信のギフティングに熱狂する人達の心理

生配信のギフティングに熱狂する人達の心理

「誰もが平等に機会を得て、努力でスターダムにのし上がれる世界をつくりたい」と話すSHOWROOMの前田裕二社長(記者撮影)

ライブ配信プラットフォーム「SHOWROOM(ショールーム)」をご存じだろうか。同サービスの演者は、AKB48をはじめとしたアイドルからモデル、声優、一般の素人など、活用している層の幅は広い。

ユーザーは、アバターになってそれぞれの演者の部屋を訪問し、双方向のコミュニケーションを楽しめる。同じようなプラットフォームは複数あるが、ショールームは観客が演者に対して「ギフティング」という無料・有料の応援を行える点で人気を博している。

DeNAの新規事業として2013年にスタートし、2015年に分社化されたショールームの社長を務めるのは、前田裕二氏(30)。UBS証券で機関投資家向けの株式セールスアドバイザリー業務に従事した後、DeNA社に入社して本事業を立ち上げた。中国を筆頭に、アジア圏ではライブ・ストリーミング・サービスはすでに盛んになっているが、前田社長は「日本でもソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の次に来るビッグウエーブになると確信している」という。

■アメリカで見た、中国の巨大サービス

――外資系投資銀行から転身して、ライブ・ストリーミング・サービスを日本で始めようと思ったきっかけは、どのようなものだったのでしょうか。

前職時代にニューヨークで勤務していたとき、中国で展開されているYY直播 (ワイワイ・ジーボー)というライブ・ストリーミング・サービスの存在を知ったことでした。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)