「夏休み10日間」への短縮は日本を衰退させる

「夏休み10日間」への短縮は日本を衰退させる

夏休みが減ることで起こる問題とは?(写真 : プラナ / PIXTA)

■夏休みが10日間に短縮!?

夏休みを目前にした7月15日に、耳を疑うようなニュースが報じられました。静岡県吉田町が、教員の長時間労働の解消のため、2018年度から町立小・中学校の夏休みを最短で10日間にし、春・冬休みについても合わせて3日間短縮するというのです。休みを減らして授業できる日数を増やすことで、1日6時限まである時間割がなくなり、4〜5時限まででおさまるようにするとのこと。教員は翌日の授業準備の時間が確保でき、子どもの学力向上にもつながるとのことです。

私は、吉田町の子どもと先生が気の毒でたまりません。みなさんは、自分が子どもだったらどうですか? 吉田町に住みたいと思いますか? 私だったら絶対に嫌です。子どもの身にもなってください。テレビでは海やレジャー施設で遊びまくる子どもたちの様子が映し出され、日本中が夏休みを謳歌している中で、自分たちだけがいつものように学校で勉強しなくてはならないのです。

人間には休みが必要です。それは大人も子どもも同じです。休みがあってこそがんばれるのです。日頃から忙しい現代日本の子どもたちも、夏休みが長ければ少しはのんびりリラックスできます。日頃やりたくても十分できない趣味に熱中したり、楽しい遊びに没頭したりすることもできます。ぼうっとすることも大事ですし、そんな中で自分を見つめる時間も持てます。「無用の用」といって一見無用に見えることが実はとても大事なのです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)