トランプ税制改革方針が超軽量級だった事情

トランプ税制改革方針が超軽量級だった事情

トランプ政権が、「急ごしらえ」ともとらえられかねない税制改革の方針を打ち出したのには、きちんとした理由がある(写真:Henry Romero/ロイター)

目立った成果が上げられないまま、米議会は夏季休会を迎えようとしている。反転攻勢の期待がかかる税制改革では、ドナルド・トランプ政権と議会共和党の共同方針が、予定より1カ月早く発表された。肝心の改革の中身は詰まり切っていないが、夏季休会を利用して改革機運を高めていくことに、一縷(いちる)の望みを託さざるをえない状況だ。

1975年11月、悪天候のスペリオル湖で、米国で当時最大の貨物船だったエドモンド・フィッツジェラルド号が難破した。真っ2つに割れた船体は、遺体とともに湖底で発見されたという。5大湖史上最悪といわれるこの事故は、カナダのシンガー・ソングライターであるゴードン・ライトフットによるヒット曲の題材としても知られている。

■もはや共和党は難破寸前

時は過ぎ、今年の7月28日。共和党下院議員の集会でポール・ライアン下院議長が引用したのが、そのヒット曲「エドモンド・フィッツジェラルド号の難破」の歌詞だった。集会の前夜には、オバマケアの改廃法案が上院で否決されていた。難破船の無残な?末を歌い、目的地にたどり着けなかった悲劇を嘆く歌詞を引用せずにいられないほど、共和党には陰鬱な雰囲気が漂っている。

トランプ大統領の誕生により、共和党は自らの政策を実現していく千載一遇の機会を得たはずだった。党派対立が厳しい米国では、大統領と議会の多数党が同じ政党でそろわなければ、大胆な政策の実現は難しい。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)