外国人を呼ぶのは「カネのため」と割り切ろう

外国人を呼ぶのは「カネのため」と割り切ろう

「日本に理解のある人以外は来てほしくない」という気持ちもわかりますが、まずは「先立つもの」が必要です(写真:Dasha Petrenko / PIXTA)

『新・観光立国論』が6万部のベストセラーとなり、山本七平賞も受賞したデービッド・アトキンソン氏。

安倍晋三首相肝いりの「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」委員や「日本政府観光局」特別顧問としても活躍している彼が、渾身のデータ分析と現場での実践とを基に著した『世界一訪れたい日本のつくりかた』は、発売1カ月で2万部超のベストセラーとなっている。

本連載では、訪日観光客が2400万人を超え、新たなフェーズに入りつつある日本の観光をさらに発展させ、「本当の観光大国」の仲間入りを果たすために必要な取り組みをご紹介していく。

ここまで4回にわたって、日本が「観光」という分野で大きなポテンシャルを秘めており、さらなる高度な外国人観光客対応を行えば、「世界有数の観光大国」の座も夢ではないことを説明させていただきました。

しかし、なかなかご理解いただけない方も多くいらっしゃるようで、「観光など進めても治安が悪くなる」とか「むこうが勝手にやってくるのだから、今の日本のやり方に従うべきだ」というコメントが多く寄せられています。

外国人観光客に来てほしくないという人の気持ちはわかります。どの国の人も、自国民だけが同じようなルールのもとで楽しく暮らせればいいという気持ちをもっています。

ただ、辛辣なことを言うようですが、客観的にみると、今の日本にはそのような?気なことを言っている余裕はないのです。

今回はそのあたりのお話から始めさせていただきましょう。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)