8月の株式相場はやっぱりお盆休みがこわい

8月の株式相場はやっぱりお盆休みがこわい

カリスマ投資家の内田衛氏は「お盆休みには注意が必要」という(写真 :KY / PIXTA)

日経平均株価は、せまいレンジでの相場が続くが、個別の株はそこそこ動いている今の日本株市場。そんななか、カリスマ投資家の内田衛氏の持ち株は、やはりというべきか、スルスルと上昇するのだった。いつものように「株日記」でふりかえりつつ、内田氏の今後の相場観も見ておこう。

■優待目的で保有のビックカメラが年初来更新!

【7月18日 火曜日】先週末の日経225先物は、90円安の2万0020円、昨日のNYダウは、8ドル安の2万1629ドルと5営業日ぶり反落。10時48分、優待目的保有のクリエイト・レストランツホールディングス(3387)を1141円(前日比68円高)で100株売り、1万6100円の利益確定。買いは、2017年1月18日に980円で。終値は、1167円(前日比94円高)。買った時は、業績の下方修正を発表して急落していたところで買い、今日は2018年2月期第1四半期決算発表を好感して急騰したところで、ひとまず売ってみた。

タカタ(7312)が、30円ストップ安(36.58%)の52円の大引け1本値。また、東芝(6502)は、44.2円高(19.08%)の275.8円と大幅高。出来高は、1億4185万9000株と東証1部で第1位、値上がり率第2位。

買われた理由は、米ヘッジファンドのグリーンライト・キャピタルが東芝株を買い増ししていたから。日経平均は、118円安の1万9999円と僅かに2万円割れ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)