料理番組の歴史は、料理文化史そのものだ

料理番組の歴史は、料理文化史そのものだ

NHK「きょうの料理」ではプロの技が繰り返し紹介され、世の女性たちに新しい料理文化を広めた(写真:Fast&Slow / PIXTA)

料理番組の歴史は、戦後日本の食文化と庶民のニーズをダイレクトに反映する歩みでもあった。食文化に精通する作家の阿古真理さんが、料理番組の変遷を生活史の視点から考察する。

■グルメ時代の到来と料理を伝えるテレビ番組の多様化

江戸時代後期の19世紀は、庶民の料理文化が花開いた時代だった。料理本などの出版が盛んで料理屋が発達し、ミシュランのような料理番付が発表される。庶民文化が爛熟する文化文政期(1804〜30年、化政期とも呼ばれる)には、「単なる料理本の刊行にとどまらず、料理屋とコラボレートして、出版をプロデュースする版元が現れる」(原田信男『和食とはなにか』角川ソフィア文庫)ほど盛り上がっていた。その手法で出されたのは、例えば江戸を代表する高級料理屋、八百膳の魅力を伝える本や模型。食の情報文化が発達していたのである。

今、テレビで毎日、たいていの時間帯に料理が映される様子を眺めていると、化政期の江戸はこんな雰囲気だったのかもしれないと思う。

「きょうの料理」(NHK Eテレ)などの料理教室的な番組だけでなく、「秘密のケンミンSHOW」(読売テレビ)などのバラエティ番組や情報番組でも、料理の作り方を紹介する。昨年まで放送していた堺正章の「(新)チューボーですよ!」(TBSテレビ)と「SMAP×SMAP」(関西テレビ/フジテレビ)は、タレントが料理を作りつつ、ゲストと対談した。「男子ごはん」(テレビ東京)は、料理教室的ながら料理研究家とタレントの軽妙な会話も楽しめる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)