悪さ重ねた少年が40代で達した質実な稼ぎ方

悪さ重ねた少年が40代で達した質実な稼ぎ方

アマゾン・キンドルストアの総合ランキングでメジャー誌と肩を並べるのが普通になっている『シックスサマナ』

これまでにないジャンルに根を張って、長年自営で生活している人や組織を経営している人がいる。「会社員ではない」彼ら彼女らはどのように生計を立てているのか。自分で敷いたレールの上にあるマネタイズ方法が知りたい。特殊分野で自営を続けるライター・村田らむと古田雄介が神髄を紡ぐ連載の第6回。

■プノンペンで暮らす日本人

カンボジアの反政府勢力であり、ポル・ポト派を意味する「クメール・ルージュ」の爪痕が残る1997年から、カンボジアの首都プノンペンで暮らしている40代の日本人男性がいる。

ペンネームはクーロン黒沢(46)。アンダーグラウンドなコンピュータ事情と、東〜東南アジアのディープな市井に精通したノンフィクションライターで、近年では2013年5月創刊の電子雑誌『シックスサマナ』の編集長を務める。

『シックスサマナ』は知る人ぞ知る媒体だ。黒沢さんのほか、中米やラオスで四半世紀過ごしている土俗信仰マニアや、16年前に買ったTシャツ1枚で海外生活を続ける吝嗇家(りんしょくか=ケチな人、物惜しみする人)、伝説の鬼畜系雑誌『危ない1号』のシニアエディター兼ライターなどさまざまな深みを持つ人たちが寄稿しており、独特の世界観が形成されている。

熱心なファンがいることに気づかれるまでにさして時間はかからなかった。10号を過ぎた頃から現在まで、アマゾン・キンドルストアの総合ランキングでメジャー誌と肩を並べるのが普通になっている。

同誌以外にも『バンコク電脳地獄マーケット』や『大人のためのドローン入門』など20冊以上の単行本(共著含む)を刊行し、輸入業などの実業も手掛けてきた黒沢さんは、社会に出てからおカネに困った記憶は特にないという。その一方で、貯金するのと会社組織に身を置くことが大の苦手と自嘲する。

とても自由な生き方に見えるかもしれない。しかし、選べなかった選択肢も実は多かったようだ。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)