「日本人の休み方」はフランス人には不思議だ

「日本人の休み方」はフランス人には不思議だ

心を空っぽにするバカンスが日本人にも必要?(写真:Serkucher/PIXTA)

「フランス人は、なんであんなに長く休めるの? 私だったら何をすればいいかわからないし、仕事にも復帰できない!」。東京で働いていた頃、日本人女性の同僚が腹立たしそうに言い放つのをよく聞いた。どうやら、日本人からすると、フランス人が夏休みをあれだけ長く取る意味がわからなかったようだ。

フランスをはじめ、ヨーロッパの南西部を訪れたことがある人なら戸惑ったこともあるだろう。日曜日や休暇中の独特な空気感。朝から町を歩いてみても、お店は全部閉店。車も人もほとんど通らない。静かな風景の中で、まるで時間が止まっているようだ。ノンストップに動き続ける日本人からすれば、オンとオフがはっきり分かれているフランスの町の風景は、相当不思議に見えるだろう。

フランス人の私ですら、日本に数年間住んでから帰仏したときに、自国の特殊な生活リズムに逆カルチャーショックを受けた。たとえば、夜遅くに友達の家のホームパーティに手ぶらで出掛けたものの、近所のスーパーが夜7時に閉店していて、困ったことが何度かあった。日本の年中無休のコンビニに慣れていたので、うっかりしていた。

■フランス人はどんな休み方をしているのか

フランスには、祝日が年間11日あり、法律で決まっている有給休暇は30日である。学校の年度初めは9月なので家族を持つフランス人の多くは、学校の休みに合わせて、8月に休暇を取得する(家族がいない場合でも、社員を8月に強制的に休ませる会社が多い)。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)