9月発表「新型iPhone」に期待できる3つの理由

9月発表「新型iPhone」に期待できる3つの理由

昨年9月7日に「iPhone 7」を発表した会場、サンフランシスコのビル・グラハム・シビック・オーディトリウム(筆者撮影)

アップルは例年9月上旬にスペシャルイベントを開催し、新型iPhoneを披露してきた。今年も同様のスケジュールで行われるとすれば、新型iPhoneの発表まであと1カ月余り、ということになる。

昨年は、iPhone 7を発表するイベントを9月7日に、サンフランシスコのビル・グラハム・シビック・オーディトリウムで開催した。新製品と発表の日付の語呂合わせもバッチリだったというわけだ。

今年発表されるiPhoneは「iPhone 8」シリーズになるとみられている。であれば安直に、9月8日に開催されるといいのに、と考えてしまうのは筆者だけではないだろう。

もう少し詳しくカレンダーを見ながら、日付の予測をしよう。iPhoneの発売日から逆算する方法だ。アップルの第4四半期は9月末で締め日となる。例年、新型iPhoneの発売直後の週末、もしくは1〜2週間の販売期間含める形で発売日を迎えるためだ。

■「9月22日発売」が有力候補

となると、2017年のカレンダーで予測すると、9月22日(金)の発売が有力候補となる。こちらも例年の流れからすると、発売日の1週間前に予約がスタートする。9月22日が予約開始日だとすると、9月15日から予約がスタートすることになる。

こうした逆算をしていくと、スペシャルイベントが予測されるのは、9月11日の週の前半に絞られてくるのではないか、というのが筆者の見立てだ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)