叶姉妹も入れ込む「コミケ」の甘くない真実

叶姉妹も入れ込む「コミケ」の甘くない真実

派手なコスプレにカメラ小僧が群がることで有名なイベントでもある(写真は2015年夏のコミケ)

6月初旬、「8月11日、叶姉妹がコミックマーケットにサークル参加決定」というニュースがネットを駆け巡った。コミックマーケットとは「コミックマーケット準備会」が主催する世界最大のオタク向けフリーマーケットだ。コミケという愛称で呼ばれる。2017年8月で92回を数える歴史があり、現在はお盆(8月)と年末(12月)に定期開催されている。それぞれ3日間で3万5000ブースが設けられ、1日平均17万人、合計で50万人以上が集まる。

このお盆に開かれる「コミックマーケット92」の開催初日となる8月11日は、「叶姉妹がオタクに混ざって自作の本を手売りする」という、想像を絶する光景が展開されることになる。なぜ、彼女らはコミックマーケットに参加するのか? そこにはコミックマーケットが持つ、知られざる「表現の場としての魅力」がある。

■コミックマーケットとは、そもそも何か

最近ではテレビでも取り上げられるようになり、風物詩となりつつあるコミックマーケットだが、いったい、どんなイベントなのかは意外と知られていない。

「マーケット」の名のとおり、その主体は即売会だ。テレビ等では漫画やアニメの格好をしたコスプレが注目されがちだが、その割合は全体の4%(2万人)と少なく、参加者の大半は同人誌の購入を目的としている。

同人誌とは「自分の作品の発表の場として編集・発行する本」、いわゆる自費出版物のことを指す。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)