山の日 知らない人が多数か

山の日 知らない人が多数か

8月11日「山の日」とは一体何をする日なのか

8月11日「山の日」とは一体何をする日なのか

2016年に新設された国民の祝日、山の日。普段登山をしない人は、いったいどのように過ごせばよいのでしょうか(写真:全国山の日協議会)

本日8月11日が、何の日かご存じですか?

今年で2年目を迎えた「山の日」です。昨年、年間16日目の国民祝日となったものの、「山の日って何月何日?」と不意に尋ねられて「8月11日」とすぐに答えられない人も多いのではないでしょうか。それもある意味当然なこと。日本は国土の約7割が山地で占められる世界屈指の「山の国」であるにもかかわらず、直近の2015年の登山人口は730万人ほどです。しかも、この数字には山菜採りなどの本格的な登山ではないものも含まれています。

■普段登山をやらない人は、山の日に何をすればいい?

趣味で年間50日は山に出掛ける私としては、この祝日をきっかけに、日頃登山に縁がない人を含めて少しでも多くに山の楽しさを知ってほしいと願っています。ただ、最初に山の日ができると聞いたときは、「なぜわざわざ祝日にするのか」と正直ピンと来ていませんでした。

ましてや、日頃山に親しんでいない人たちにとっては、祝日が1日増えるだけで、特に何も変わらないのではないでしょうか。そこで今回、一般の人はこの日をどのように活用すればいいのかを取材してみました。

そもそも、山の日はどのような経緯で祝日になったのでしょうか。一般財団法人全国山の日協議会の理事・事務局長で、山の日制定に尽力した手塚友惠氏によれば、制定への動きが本格化したのは2010年のこと。日本山岳協会(現 日本山岳・スポーツクライミング協会)などをはじめとした山岳関連5団体が「山の日制定協議会」を発足させ、国民の祝日にするための運動が始まったといいます。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)