世界のエリートが本の「多読」をしないワケ

世界のエリートが本の「多読」をしないワケ

アメリカの学生と日本の学生に違いがあるとしたら、それは「読書量」ではなく…(写真:Sergiy Tryapitsyn / PIXTA)

世界中から優秀な人物が集まり、しのぎを削る最高峰ビジネススクール、ハーバード。その学生は、古今東西、大量の本を読みあさっている、そんな「読書家」というイメージがあるのではないでしょうか。しかし、元・サンリオの常務で、現在はLINEの社外取締役やスタンフォードの客員研究員を務める鳩山玲人氏の見方は異なります。日本と海外の学び方の違いを元に、自身も実践する「必ず結果につなげる」本の読み方を紹介します。

■「日本の学生は本を読まない」は本当か?

ネット上のコラムで、日本とアメリカの大学生を比べた実態調査を見掛けました。

「日本の大学生は4年間で100冊しか本を読まないが、アメリカの大学生は400冊読む。ハーバード大学やエール大学では1000冊は読む」といった趣旨のものです。

調査の真偽はわかりませんが、私の実感は少し違います。ハーバードでもスタンフォードでも、ビジネススクールの学生に関しては、日本人も外国人も、どちらも、さほど本を読んでいません。

私は、ハーバード・ビジネス・スクール(以下、HBS)に2年間留学し、現在はスタンフォード客員研究員を務める立場となりましたが、その印象は変わりません。彼らはほとんど本を読まない。より正確にいうならば、本を読むことを目的とせず、本をどう使うか、つまり実践に重きを置いているのです。

HBSの授業の特徴は、ケースメソッド、つまり事例研究にあります。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)