東大野球部が「4対3」での勝利を目指す理由

東大野球部が「4対3」での勝利を目指す理由

東京・本郷の東大球場で練習に励む東大野球部の選手たち。数年前に比べて、筋肉質な選手がめっきり増えた。その背景には、どのような理念があるのか(撮影:尾形文繁)

甲子園に棲むという魔物は、大学野球の聖地・神宮球場にも棲んでいる。魔物は東京六大学リーグで東大が試合終盤まで接戦を演じているときに顔を出す。神宮球場は東大が勝つのではないかという期待感と、東大に負けるわけにはいかないという危機感につつまれる。

戦力では圧倒的に勝るはずのリーグ内の他校の選手たちは「東大相手に接戦になると、スタンドがざわつくので戦いにくい」と口を揃える。東大を率いる浜田一志監督は「お互いが100%の力を出し合ったら勝てない。接戦に持ち込んで相手に『このままではヤバい』と思わせれば、ミスを誘い、勝機が訪れる」と言う。

■「あわや」と思わせないと、相手のミスは誘えない

東大は2015年春の法大1回戦に勝って連敗を94で止めると、同秋も1勝。2016年春には12年ぶりにシーズン3勝すると、同秋も1勝。今春のリーグ戦では白星を手にすることはできなかったものの、「シーズン1勝」には何の驚きもなくなった。彼らの現在の目標は「1勝」ではない。勝ち点奪取と最下位脱出である。

2012年11月、当時46連敗中だった東大の監督に就任した浜田監督は、いかにしてチームを勝利に導いたのか。指揮官は、戦力差が大きいリーグ内の他大学に勝つための前提として「体力」を挙げる。

「例えば打撃なら、東大の打者が芯でとらえても打球が外野の頭を越えないようでは、相手投手もコントロールをミスしません。人がミスをするのは『ひょっとしたら』という気持ちがあるとき。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)