日本でおカネを使うイギリス人の「旅の中身」

日本でおカネを使うイギリス人の「旅の中身」

英国人のベンさんは、長野・上高地で自然を堪能した(写真:筆者提供)

7月に観光庁が発表したある統計がちょっとした話題になった。それは、今年4〜6月に日本を訪れた外国人の中で、1人当たり最もおカネを使ったのは、中国人ではなく、英国人だったという統計結果だった。

「訪日外国人消費動向調査」によると、英国人1人当たりの支出額は、25万1171円と、前年同期比36%も上昇。イタリア人の支出額(23万3110円、同25%増)、中国人の支出額(22万5485万円、同2.5%増)を抜いてトップに立ったのである。

昨年6月、欧州連合(EU)からの離脱(=ブレグジット)を国民投票で決めた英国ではポンド安が続いており、円高の日本を敬遠するか、来ても財布のひもを締めるはずだが……。はたして、英国人は日本で何におカネを使っているのだろうか。

■英国人はどんな旅を好むのか

調査では、英国人が宿泊費と飲食費(いずれも国別ランキング1位)と、娯楽費(イタリアに次いで2位)におカネを使っていることがわかった。一方、買い物代となると中国が断トツとなり、英国は15位に下落してしまう。

宿泊費におカネを使っている理由は、滞在日数にある。アジア諸国からの訪問者の平均滞在日数が4〜6日なのに対して、英国やほかの欧州諸国(ドイツ、イタリア、フランス、スペイン)では「7〜13日間」と「14日間以上」がほぼ半数を占めるのである。つまり、アジアからの旅行客と比較すると、英国の旅行者は、「よりゆったりした日程で、飲食や娯楽を楽しんでいる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)