「Apple Watch 3」、使って分かった真の価値

「Apple Watch 3」、使って分かった真の価値

9月22日に発売される「Apple Watch Series 3」は単体で通話や通信が可能となる(筆者撮影)

アップルは米国時間9月12日、第3世代となるスマートウォッチ「Apple Watch Series 3」を発表した。この製品はApple Watchとしては初となるセルラー通信に対応した製品だ。

5日間、セルラー対応のApple Watch Series 3、アルミニウムスペースグレイモデルを試したが、今回のアップデートは非常に重要かつ大きなものだと感じた。

これまでどおり、iPhoneユーザーのためのスマートウォッチという位置づけは変わらないが、独自にセルラー通信に対応したことから、Apple Watchだけを身に着けて外出しても、音声通話やメッセージングを途切れることなくこなすことができるようになるからだ。

■デザインは前モデルを引き継いでいる

Apple Watchは、有機ELディスプレーと感圧マルチタッチディスプレーを備えたwatchOSが動作するスマートウォッチだ。

iPhoneアプリにWatchアプリが入っていれば、Apple Watchでもそのアプリを利用できるほか、iPhoneに届く通知を手首だけで受け取ることもできる。

2016年9月に第2世代となる「Apple Watch Series 2」を発売し、プロセッサーのデュアルコア化、GPSの内蔵を実現した。GPSの内蔵は、屋外でジョギングやウォーキングを楽しむ人々にとって、Apple Watchだけで正確な距離と経路を計測できるようになることを意味しており、人気のある機能となった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)