au「三太郎」CMが3年目でも飽きられない理由

au「三太郎」CMが3年目でも飽きられない理由

au「三太郎」CMが3年目でも飽きられない理由

あなたのお気に入りCMは、何位にランクインしているだろうか?

CM総合研究所が毎月2回実施しているCM好感度調査は、東京キー5局でオンエアされたすべてのCMを対象として、関東在住の男女モニターが、好きなCM・印象に残ったCMをヒントなしに思い出して回答するものだ。

最新の2017年8月後期(2017年8月5日〜 2017年8月19日)調査結果から、作品別CM好感度ランキングTOP30を発表。その中から、CM総研が注目するCMをピックアップして、ヒットの理由に迫る。

■au「三太郎」シリーズが好感度1位の理由

【1〜10位】

調査期間中、東京キー5局からオンエアした3331作品のうち、作品別CM好感度1位はKDDIauの「三太郎」シリーズ、「auピタットプラン・織姫、登場」篇となった。前編で空から落下した大きな桃を蹴破って登場したかぐや姫(有村架純)の妹の織姫(川栄李奈・元AKB48)。今回は、織姫があっけにとられる三太郎たち(松田翔太、桐谷健太、濱田岳)に、「織ちゃんって、呼んでいいぞっ」と、大きな桃同様に態度もビッグな挨拶をするというストーリーだ。

モニターからは、「面白い」という感想が圧倒的多数を占めた。また、「まさか、かぐや姫の妹が織姫だったとは」「個性的なキャラクターが出てきて飽きない。伝えたいこともわかりやすい」とクセの強い新キャラの登場に反応した人も多かった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)