仕事のできない人は決算の読み方を知らない

仕事のできない人は決算の読み方を知らない

会計初心者でもわかる読み方を伝授します(写真:xiangtao / PIXTA)

シバタナオキさんは現在、米シリコンバレーでスタートアップ企業を経営している。2006年から2011年までは楽天に在籍し、当時最年少執行役員も務めた。

シバタさんが楽天時代から現在まで日課にしているのが、企業の決算を読むことだ。その日課から磨いた、会計士などの専門家とはひと味違う自己流の決算の読み方を7月、著書「MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣」(日経BP社)にまとめ、『週刊東洋経済』(9月9日号、バックナンバー)ではそのエッセンスを掲載した。そこで紹介したことの一つが、決算説明会資料を読むことの効用だ。シバタさんがその具体的な考え方を指南する。

私はかつて在籍していた楽天で毎週月曜朝、全社員が参加する全体集会で役員が話題にする業界ニュースやトレンドの「ネタ作り」を任されていました。そこで話のネタに選んでいたのが、ITを中心とする企業の「決算」の話題でした。

企業の決算書を読んで、各社のサービス動向や経営戦略を読み解く。その習慣は、楽天を辞めてシリコンバレーで起業した今も続いています。自身がかかわるビジネスの状況をいちばん簡単に知る方法。それが決算だというのが、私の考えです。

企業の決算を読むというと、まず登場するのが「決算短信」や「有価証券報告書(有報)」といった決算書です。株式を上場している企業には公開義務があり、各社のホームページで閲覧できます。

ただし、それらは文字が多く、初心者には読みにくい。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)