再確認しておこう!雨で濡れた靴のケア方法

再確認しておこう!雨で濡れた靴のケア方法

濡れてしまった靴をそのままにしておくと…(写真:azgek / PIXTA)

せっかくお気に入りの靴を履いて出かけたのに、急な雨で靴の中までビショビショ……なんて経験がある方も多いのでは? 今回は、濡れた靴の正しいケアの仕方を、靴の修理やクリーニングを専門に行っている「靴専科」技術トレーナーの大友良祐さんに聞きました。

■濡れた靴を放置するとカビなどの危険性がある

たとえば、雨で濡れたからといって、革靴を洗うわけにはいきません。では、自然乾燥させれば問題ないのでしょうか?

「濡れた靴をそのままにしておくと、数日でカビが生えたり、カビのニオイがしたりしてくる場合があります。雨ジミが残ることもありますし、長年使用している靴だと革が劣化するケースもあるのです」(大友さん)。

また「一度できた雨ジミをご家庭で無理に消そうとすると、シミが広がったり、悪化したりする場合も。靴クリーニング・修理専門店に相談することをおすすめします」とのこと。

すぐに乾かしてケアをするのがベストのようですね。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)