YouTubeで芸能人がバズらない「本質的理由」

YouTubeで芸能人がバズらない「本質的理由」

YouTubeの視聴者が求めているものは何か(写真:Tomoki Kuwajima)

「Instagram」「Twitter」「LINE」……etc。SNSを仕事でも使う機会が増えています。でも実は苦手、よくわからない……そんなことをうっすらとお思いの皆さんに、SNSの申し子、20代女性に圧倒的な人気を誇る「ゆうこす」こと菅本裕子が、イマドキSNS事情をお届けします。

元アイドルという異色の経歴を持ち、どん底の時代からSNSを駆使して自分をブランディングした彼女ならではの視点。連載5回目は「YouTube」についてです。

■芸能人より身近「ユーチューバー」という存在

ここ数年で目にする機会が増えた「ユーチューバー」。動画投稿サイトYouTube上に、自ら制作した動画を継続的に投稿する人のことを指します。

最近、「HIKAKIN(ヒカキン)」さんや、「はじめしゃちょー」さんなど、有名ユーチューバーが多数所属するマネジメントプロダクション「UUUM(ウーム)」が東証マザーズに上場しました。たびたびニュースになったので、ご存じの方も多いでしょう。

今年の子どもが将来なりたい職業ランキングでは「ユーチューバー」が上位にランクイン。小学生からスマホを持つのが当たり前になっている現代では、スマホでYouTubeを見ることが日常になっています。そこに登場するユーチューバーは、テレビ離れしている10〜20代の若者にとって、芸能人以上に身近な存在になっているのです。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)