「インバウンド不倫」にハマる39歳女性の論理

「インバウンド不倫」にハマる39歳女性の論理

なぜ不倫相手に外国人を選ぶのか(写真:神鳥谷(ひととのや) / PIXTA)

筆者は、「不倫している女性」のインタビューを4年ほど続けている。ここ半年間で「不倫相手に外国人を選ぶ」と答える30〜40代の女性が増えていることに気がついた。「不倫を楽しむ高収入の妻たち」について具体例を報じてきた本連載だが、今回の記事では、外国人を不倫相手に選ぶ妻について、実例を交えながら紹介していく。

今、全国津々浦々で訪日外国人を見かける。日本政府観光局が発表した「ビジット・ジャパン事業開始以降の訪日客数の推移」を見ると、2003年時には約521万人だった訪日外国人旅行客数が、2016年には約2404万人と約5倍に増えており、今後も拡大傾向を続けると予測している。

経済面での影響も大きく、観光庁が発表した、2016年の訪日外国人旅行消費額は3兆7476億円で、前年に比べ7.8%の成長を遂げた。訪日外国人1人当たりの旅行支出は平均すると15万5896円。国籍・地域別にみると、オーストラリアが最も高く(24万7000円)、次いで中国(23万2000円)、スペイン(22万4000円)の順になっている。

訪日外国人が日常的な風景になれば、かつてあった心理的な距離感が薄れ、交流が生まれる。その延長線上に、不倫相手に外国人を選ぶという女性が目立つようになったという現象が起こる。

■会社を経営する39歳女性が語ったこととは?

今回、お話を伺った、食品輸入会社を経営する黒須正美さん(仮名・39歳・年収800万円)は、複数の訪日外国人と不倫を繰り返している。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)