職人夫婦が築いた「町のパン屋」の新しい形

職人夫婦が築いた「町のパン屋」の新しい形

昨年12月のオープンしたティコパンは、パン職人である夫妻で営んでいる(撮影:大澤 誠)

複数ある最寄り駅から徒歩15分。言い換えれば、どこの駅からもさほど近くないのに、パンマニアからひそかに注目を浴びているパン屋がある。北新宿の小滝橋交差点そばにたたずむそのパン屋は、どことなくフランスのを雑貨店思わせるようなしゃれた外観だ。

昨年12月にオープンした「ticopain(ティコパン)」。周囲にパン屋がないこともあって、開店から1年足らずで、パン・ドゥミ(食パン)やバゲットが売り切れる人気店となった。食パンはともかく、バゲットは意外に売れ残りが多い商品だ。おしゃれな店という印象を抱かせ、シンプルな分だけ作るのが難しい、という作りがいのあるアイテムだが、買う人は多くない。

実はパン屋で食事用パンを買う人はまだ少数派で、バゲットはクリスマスやホームパーティなど特別な日用という人も多い。パン屋を取材していると、バゲットが売れ残るという声はよく聞く。

■パン職人夫婦の多彩な経歴

ティコパンのバゲットは、確かに香りがよく、さくさくとしたキレのいい味わい。食事のお供にいかにも合いそうだ。これを仕込んでいるのは、店主の中島直樹氏と同氏の妻、佐知子氏。自らの勘でこね具合や発酵の具合を確かめ、手ごねで仕込むという。

ティコパンの人気の理由を探っていくと、いくつか面白い点に気がつく。1つは、ティコパンでは、夫婦2人がパン職人であるという点だ。町のパン屋の場合、夫がパン作りを担当し、妻がレジや店頭管理を担うパターンが少なくないので、これは珍しい。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)