日本の美術館には、一体何が欠けているのか

日本の美術館には、一体何が欠けているのか

英国の国立美術館、テート・モダン。もとは発電所だった建物をリノベーションしてできた。欧米では、古い建物とアートが見事にマッチングしている。館内の雰囲気はHPからも(写真:大林剛郎氏提供)

欧米に比べ遅れている公的不動産活用をどうすればいいのか。経営と街づくりの視点から鋭く切り込む木下斉(一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス代表理事)、「共通価値経営」を標榜する野尻佳孝(テイクアンドギヴ・ニーズ会長)、リノベーションなどで優れた実績を誇る馬場正尊(オープン・エー代表/東京R不動産)の3人が、ホスト兼パネリストとして毎回ゲストを迎え、「新しい日本の公共不動産のあり方」をビジネス視点で考える「パブリック・アライアンス・トーク」。

第7回のテーマは美術館・博物館など。ゲストは大林組の大林剛郎会長。多くの美術館の施工実績を持つ企業トップとしての顔だけでなく、コレクター、ニューヨーク近代美術館(MoMA)の国際評議員を務める等、個人でも美術の面でグローバルな視点を持つ大林氏と熱い議論を繰り広げる(文中敬称略)。

■欧米は古い建物を「リノベ」してアート化するのも上手

――まず海外の著名な国立の美術館・博物館の事例を2つ紹介します。1つ目は年間680万人が訪れるロンドンの大英博物館です。無料の博物館として有名ですが、もともとは博物学者のハンス・スローン卿のコレクション品を英国が国家として買い、国の蔵書などを加え1759年に一般公開を開始。運営は非政府組織が担い、施設維持費は寄付やグッズ販売で賄われています。同じくロンドンにあるテート・モダンは、発電所をリノベーションして2000年にオープンした現代アートの美術館。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)