知られざる大動脈「神戸高速線」はどう変わる

知られざる大動脈「神戸高速線」はどう変わる

阪急神戸線の特急新開地行き。かつては阪急も新開地より先、山陽電鉄線内まで乗り入れていた(筆者撮影)

地方交通再生の手段として話題に上ることが多い第三セクター方式と上下分離方式。この2つの手法を約半世紀前に取り入れた鉄道が100万人都市に存在する。神戸市を走る神戸高速鉄道だ。

ただしこの神戸高速鉄道、経営形態や運行形態は二転三転しており、本来の路線以外の線区や駅も管理していることをご存じだろうか。来年の開通50周年を前に、もう一度この個性的な鉄道をチェックするとともに、今後の展望を考察してみた。

■4つのターミナルを結ぶ路線

神戸市内には第2次世界大戦前から4つの電鉄が乗り入れていた。しかし、阪急電鉄(当時は阪神急行電鉄)神戸線が三宮、阪神電気鉄道本線が元町、山陽電気鉄道本線が兵庫、神戸電鉄(神鉄、当時は神戸有馬電気鉄道)有馬線が湊川と、それぞれに別のターミナルを持っており、神戸市電によって連絡はしていたものの、高速鉄道によって結ぼうという議論が出はじめていた。

このうち、阪神は元町から湊川経由で兵庫に至る地下線を計画するが、戦争が始まったこともあって頓挫。すると戦後間もない1946年に今度は神戸市が、4つのターミナルを結ぶ計画をまとめた。

会社としての神戸高速鉄道が設立されたのは1958年。資本金のうち40%を神戸市、4電鉄が合わせて40%を出資しており、日本初の第三セクター鉄道だった。そして10年後の1968年、4つのターミナルを結ぶ東西線と南北線が開通した。

路線は阪急、山陽との接続部分を除いてすべて地下にあり、東西線は阪神の元町と阪急の三宮から西に延びた線路が高速神戸で合流し、西代で山陽と接続。従来の山陽のターミナルだった山陽兵庫から西代までの区間は廃止された。南北線は神鉄の湊川と新開地を結んだ。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)