コンサル女子が退職→単身秋田で始めたこと

コンサル女子が退職→単身秋田で始めたこと

単身秋田に移住し、新たなビジネスを始めた矢野氏(筆者撮影)

「あきたこまち」をはじめ、米どころとして知られる秋田。しかし、米以外の秋田の名産品となるとどうだろうか。都会に暮らす人たちにとって秋田の味や魅力を知る機会は極めて少なく、秋田ブランドの実力はまだ弱い。

そんな秋田県で新たな試みをする女性起業家が誕生した。東京から単独で移住し、秋田の果物と日本酒を組み合わせて通販する「Fruitreat (フルートリート)」というサービスを立ち上げた矢野智美氏である。起業するまで秋田に住んだこともなければ、果物や日本酒の専門家でもないという矢野氏が、秋田で新ビジネスを立ち上げたのはなぜだろうか。

■旬の果物と日本酒を組み合わせて通販

秋田県は、りんご、さくらんぼ、西洋なし、ラズベリーなどが全国生産量トップ10圏内に入る、隠れた果物王国である。しかし、青森、山形の果物産出額が約600億円以上であるのに比べ、秋田は約60億円と大きく引き離されているのが現状だ。

フルートリートは、都会にはほとんど出回っていなかった秋田の旬の果物と、地元の日本酒をセットにして通販で届けるサービスだ。2016年の開始以来、ブルーベリー、フルーツトマト、桃、ぶどう、りんご、洋梨、いちごと、毎月旬のフルーツと日本酒を組み合わせ日本各地に発送している。価格は、毎月1回定期便として届く自宅用コースが4644円(送料別)、ギフト用ボックスに入った贈答用が5000〜8000円(送料別)だ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)