日本郵政株でまさかのデイトレをやってみた

日本郵政株でまさかのデイトレをやってみた

カリスマ投資家の内田衛氏が、日本郵政株にこだわるのはなぜ? (撮影:今井康一)

俗に「選挙前までは株は上がる」といわれるが、日本株は絵に描いたような上昇。相場の先行きに少し疑心暗鬼だったカリスマ投資家の内田衛は、この間どんな取引をしていたのだろうか。なんと超大型銘柄の日本郵政で
デイトレをしていた。また今後の相場をどう見ているのだろうか。

いつものように、株日記でチェックしてみよう。

【9月25日 月曜日】先週末の日経225先物(12月限)は、20円高の2万0200円、NYダウは、9ドル安の2万2349ドル、1ドル=111.99円、1ユーロ=133.84円。本日の日本郵政(6178)は、14円安の1349円で引けた。16時30分、日本郵政の第2次売り出し価格が、1322円に決定した。本日の終値からすると27円安く、ディスカウント率は、2.00%となった。また、明日26日が9月の権利付き最終売買日で、売り出しで購入できる人は、中間配当25円の権利がもらえる。本日の日経平均は、101円高の2万0397円と反発。

■1.5万株申し込みで1.1万株!日本郵政の当選は想定以上

【9月26日 火曜日】日経225先物は、90円安の2万0180円、NYダウは、53ドル安の2万2296ドル。7社に申し込んだ日本郵政の第2次売り出し(PO)の抽選結果は、以下のとおり。野村證券5000株(当選)/5000株(申込)。大和証券も5000株/5000株。あとの5社は、三菱UFJモルガン・スタンレー証券400株/1000株、SBI証券300株/1000株、松井証券300株/1000株、みずほ証券0株/1000株、SMBC日興証券0株/1000株と合計では、1万1000株/1万5000株と予想以上の当選となった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)