東大「野球だけじゃない」ゴルフ部快挙の理由

東大「野球だけじゃない」ゴルフ部快挙の理由

8月29日(火)、30日(水)に富士カントリークラブ(CC)で行われた平成29年度関東男子秋季Dブロック対抗戦で優勝、Cブロックへ昇格が決まった。盾を持っているのが井上監督(写真:東京大学ゴルフ部)

東京六大学野球で、東大が法大から勝ち点を上げた。スポーツ新聞だけではなく、一般紙でも大きく報道されていたので、ご存じの方も多いだろう。記事によると、対戦相手に2勝すると得られる勝ち点を挙げたのが15年ぶり、連勝による勝ち点は20年ぶりで、法大から連勝での勝ち点は実に89年ぶりという。騒ぎになるのも無理はない。

今年の東大には宮台康平という好投手がいて、プロ野球志望届も出している。東大卒のプロ野球選手が誕生するかもしれない。こちらも野球ファンには見逃せない話題だろう。

■東大ゴルフ部は男女ともに快挙を成し遂げた

運動部が所属する東大運動会の中で、硬式野球部に負けないぐらいの「快挙」を成し遂げたのが、実はゴルフ部だ。関東学生ゴルフ連盟の主催する関東大学プロック対抗戦Dブロックの秋季大会で東大ゴルフ部が男女ともに優勝した。来年春季は1つ上のCブロックに昇格する。男子は7年ぶり、女子は初めてになる。

関東学生ゴルフ連盟のHPなどによると、連盟の発足は1935年(昭和10年)で、慶大、早大、明大を設立発起校に、法大の4大学が加盟して創立した。現在は男女合わせて団体加盟 59大学、個人加盟6大学。団体戦がメインで、男子は成績に応じてA〜Fブロック、女子はA〜Dブロックに分かれて、春と秋に対抗戦を行い、成績によってブロックを上がったり下がったりする。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)