セイラーの行動経済学、異端の学問が大活躍

セイラーの行動経済学、異端の学問が大活躍

セイラー教授が取り組み始めた頃には、「行動経済学」はまだ「カルト的異端」とされていた(写真:ロイター/アフロ)

リチャード・セイラー(シカゴ大学教授)が今年度のノーベル経済学賞を受賞した。行動経済学と銘打った受賞は2002年のダニエル・カーネマン以来なので、15年ぶりということになる。しかし、実は、2013年に受賞したロバート・シラーも行動ファイナンスの創始者であり、それからはわずか4年目の受賞である。

行動経済学は、心理学者であるカーネマンとエイモス・トベルスキーが幕を開けた。この二人の業績は他に比較できないほど多彩で豊富であり、その評伝は最近発刊されたマイケル・ルイスの『かくて行動経済学は生まれり』(原題:The Undoing Project: A Friendship that Changed the World)に面白く描かれている。

彼らに続くのが、経済学者であるセイラーとシラーである。トベルスキーは受賞確実と言われながら受賞前の1996年に死去したので、行動経済学を創始した第1世代と第2世代はすべてノーベル経済学賞を受賞するに値する功績を残したと言える。

■「人々は私と同じように愚鈍なのだ」

現在の経済学がホモエコノミカスと呼ばれる、感情を持たない、利己的で、頭の良い、超合理的個人を前提として発展してきたのに対し、現実の人間(ヒューマン)は、感情に動かされ、他人を意識し、たびたび間違いを犯す限定合理的な人であり、そのことを考慮して経済学を作り直そうというのが行動経済学である。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)